スーツの人

論より証拠|監視カメラを設置するメリット

住宅の防犯対策

家

複数のアイテムを活用

住宅のセキュリティを考える場合には、建物全体を考える必要があります。玄関や勝手口などの出入り口だけ考えたり、建物の裏側だけを考えたりしても意味がありません。空き巣などの侵入者は建物全体をみて、侵入しやすいところを狙って侵入するわけですから、建物全体にセキュリティを設置しなければ意味がないのです。その場合に、同様のセキュリティを建物全体に配置しても効果は期待できません。例えば、敷地内の全体にセンサーライトを設置して、人が少しでも建物に近づけば灯りがつくようにしたり、敷地内全体に防犯砂利を敷き詰めて、どこを歩いても音が鳴るようにしても、あまり意味がありません。センサーライトや防犯砂利、防犯カメラなど複数のアイテムを活用することが重要です。

適材適所の防犯対策

建物全体のセキュリティを考えた場合、暗いところにはセンサーライトを設置し、建物内から音が聞こえやすいところには防犯砂利を敷き詰め、視界が遮られるようなところには防犯カメラを設置するなど、適材適所の防犯対策が重要です。特に、防犯カメラの設置は、留守中においても住宅を守ってくれるという意味では重要です。住宅内に人がいなくて、周囲に通行人がいない場合でも、防犯カメラが取り付けてあるところからは侵入できません。建物に近づけても最後の最後に通らなければならない場所に防犯カメラを設置しておけば、空き巣も侵入を諦める可能性があります。絶対的なセキュリティではありませんが、犯罪を抑止する可能性があるだけでも防犯カメラの設置の意味があります。